トップページ > 最新情報 > Samsung、2022年に3億3,400万台のスマートフォン出荷を目指す
2021年11月12日 18時00分

読了まで 145

Samsung、2022年に3億3,400万台のスマートフォン出荷を目指す

Galaxy S22 Plus letsgodigital_11


 
韓国メディアThe Elecが、Samsungは2022年に3億3,400万台のスマートフォンを出荷する目標をたてていると報じました。

折りたたみGalaxyシリーズは2021年比2倍を計画

The Elecが入手したSamsungの計画書によれば、Samsungは2022年に2億8,500万台を製造、残りの4,900万台を共同開発メーカーが製造するとのことです。
 
フラッグシップモデルであるGalaxy Sシリーズは、2022年に5,400万台の出荷を目標にしています。
 
折りたたみGalaxyシリーズは、2021年の目標である700万台のほぼ2倍となる、1,300万台を目指しています。
 
Samsungは1,300万台の目標を達成するために、Galaxy Z Foldを400万台、Galaxy Z Flipを900万台出荷することを計画しているとThe Elecは伝えています。
 
上記以外のエントリークラスを中心としたGalaxyスマートフォンの出荷目標台数は、2022年に1億7,600万台を達成すべく、Samsungは計画しているようです。

2022年1月と2月に新製品投入と噂

Samsungは2022年1月にGalaxy S21 FE2月にGalaxy S22シリーズを発表するとみられています。
 
 
Source:The Elec
Photo:LetsGoDigital
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる