トップページ > 最新情報 > Apple、特殊な眼鏡を介してのみiPhoneのコンテンツを表示する機能の特許を出願
2021年11月12日 12時19分

読了まで 151

Apple、特殊な眼鏡を介してのみiPhoneのコンテンツを表示する機能の特許を出願

Apple patent


 
米国特許商標庁(USPTO)は今週、Appleが新たに出願した特許を公開しました。これによると、特殊な眼鏡を通してのみiPhoneのコンテンツを表示し、携帯電話の所有者だけが画面に表示される内容を見ることができるように設計された新しいプライバシー機能について言及されているとのことです。

Apple、プライバシー機能に関する新たな特許を出願

出願された特許では、「視覚補正されたグラフィック出力と標準的なグラフィック出力を電子機器に表示することができるシステム」について言及されています。
 
この特許に記載されている機能の1つに、「プライバシー・アイウェア(Privacy Eyewear)」がありますが、これはデバイス画面に表示されているコンテンツを周囲の人に見られないようにするもので、画面に表示されるコンテンツを見るには眼鏡をかける必要があります。Appleは独自の複合現実(MR)ヘッドセットの開発に取り組んでいると噂されており、このようなプライバシー機能は製品の大きなセールスポイントになる可能性があります。
 
その他、次世代のFace IDについても言及されています。異なるヘアスタイル、髭、口髭、眼鏡、眼鏡なし、老眼鏡、サングラスなど、各ユーザー特有の顔のディティールを識別できる別のシステムについて記載されているとのことです。
 
現地点では特許が出願されている段階のため、これらの特許が実際の製品に適用されるかどうかは不明です。
 
その他、Appleが取得したドローンに関連する特許2件がUSPTOによって公開されています。
 
 
Source:Patently Apple, via 9to5Mac
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる