2021年の「独身の日」セールでiPhoneが3秒で18億円分売れる

    Xiaomi製スマホの画像

    Xiaomi製スマホの画像
     
    毎年11月11日は「独身の日」とされ、中国ではさまざまなセールがおこなわれます。
     
    ネット通販のJD.comではセール開始3秒以内に18億円分のiPhoneが売れたそうです。

    3秒で18億円分売れたiPhone

    11月11日は「独身の日」とされ、中国ではアンチ・バレンタインデーとして、自分のためにご褒美を買う日になっています。
     
    このため、独身の日を利用したセールを各社が開催しており、JD.comも11月5日の20時から「ダブル・イレブン・ショッピング・フェスティバル」を開催しました。
     
    すると、iPhone開始3秒以内に1億元(約18億円)以上を売上げ、Xiaomi、OPPO、Realme、Huawei、Honor、iQOO、vivoのスマートフォン売上高も前年同期比で300%以上増加したとのことです。
     
    売上高トップはXiaomiのスマートフォンでした。

    大きなかき入れ時である独身の日

    中国の独身の日は、中国のメーカーにとって大きなかき入れ時です。
     
    世界的なコンサルティング会社のAlixPartnersによると、調査をおこなった半数が2021年の独身の日に3,000元(約53,133円)以上の買い物をすると回答しています。
     
    実際、JD.comの2021年のセールにおいて、開始20分で2020年11月1日に24時間で記録した売上高を上回ったとのことです。

     
     
    Source: Pandaily via Gizmochina
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次