2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    折りたたみスマホ市場拡大、Samsungが来年、1,800万枚のディスプレイ製造

    Galaxy Z Fold3/Flip3の画像

    Galaxy Z Fold3/Flip3の画像
     
    韓国メディアThe Elecが、Samsung Displayが2022年に1,800万枚の折りたたみ有機EL(OLED)ディスプレイを製造するとの見通しを伝えました。

    市場拡大続く折りたたみスマートフォン市場

    UBI Researchによれば、2022年のSamsung Display折りたたみOLEDディスプレイ製造数は、1,800万枚に達する見通しです。
     
    折りたたみOLEDディスプレイのカバーガラスを供給するSamsung Displayの子会社であるDowooinsysは、超薄型ガラス(UTG)の製造ラインを拡張するとUBI Researchは述べています。
     
    Samsung Displayは現在、折りたたみOLEDディスプレイ製造ラインを9カ所稼働させており、2021年は最大810万枚を製造する予定です。
     
    製造ラインの歩留まりは80%〜90%と良好であることから、来年Samsung ElectronicsはGalaxy Z Fold3 5GおよびGalaxy Z Flip3 5Gなどのの折りたたみスマートフォンを、1,400万台から1,600万台出荷できるだろうとUBI Researchは見積もっています。

    中国企業も新規参入予定

    UBI Researchは、折りたたみOLEDディスプレイ市場規模が年間4,900万枚に増加すると予測しています。
     
    この市場にはSamsung Displayだけではなく中国BOEも参入済みで、CSOTも参入を計画していると噂されています。
     
     
    Source:The Elec
    Photo:Galaxy
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次