トップページ > 最新情報 > Apple、検索連動型広告に約74億円を支出~Fortune 100企業中12位
2021年10月27日 08時53分

読了まで 153

Apple、検索連動型広告に約74億円を支出~Fortune 100企業中12位

Appleのロゴ


 
検索エンジン利用時に表示される検索連動型広告は、ユーザーにとって興味がある事柄に直結した広告を表示できる、人気のある宣伝の形態の1つです。
 
全米企業のなかで収益が多いトップ100企業をランク付けしたFortune 100企業において、2020年にAppleは12位にあたる約74億円を検索連動型広告に支出していたことがわかりました

2020年に検索連動型広告に対して約74億円を支出したApple

この調査は検索エンジン向け最適化やターゲティングツールの製作をおこなっているSemrushによっておこなわれました。
 
独自のツールを使って毎月のコストを分析し、このデータを得たとのことです。
 
それによると、AppleFortune 100企業のなかで2020年に12番目に多く検索連動型広告に費用を支払っていたことがわかりました
 
Fortune 100企業の検索連動型広告への支出
 
Appleが2020年に支払った金額は6,480万ドル(約74億円)でした。

AlphabetはAppleの10倍以上を支出

一方、トップはGoogleを傘下に持つAlphabetで、その支出額は7億7,476万ドル(約885億円)と、Appleの10倍以上の支出でした。
 
2位以下はAmazon、Charter、Microsoft、Progressiveといった企業が名を連ねています。
 
2020年に検索連動型広告に費やされた合計金額は推定592億2,000万ドル(約6兆7,626億円)で、そのうちFortune 100企業が30億5,000万ドル(約3,482億円)を占めたとみられます。

 
 
Source: Semrush via AppleInsider
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる