トップページ > 最新情報 > セキュリティ研究者、iPhoneからFacebook製のアプリを削除すべきと警告
2021年10月26日 09時10分

読了まで 215

セキュリティ研究者、iPhoneからFacebook製のアプリを削除すべきと警告

Facebookアプリの画像


 
SNSサービスのFacebookやInstagramは利用者が多く、アプリをiPhoneにインストールしている人も多いと考えられます。
 
しかしながら、セキュリティ研究者はFacebookやInstagramといったFacebook製のアプリは危険であり、アンインストールすべきだと警告しているとのことです。

加速度センサーを使って1日の行動を監視

セキュリティ研究者のザック・ドフマン氏によると、Facebookアプリは加速度センサーを使ってユーザーの動きを追跡しているとのことです。
 
これにより、Facebookは1日のうちユーザーがどの時間帯に行動しているかや、横になっているのか座っているのか、歩いているのかなどを判断することができます。
 
さらに、この加速度センサーによる追跡を止める方法はありません
 
たとえFacebookアプリに対して位置情報へのアクセスを許可しなくても、加速度センサーの読み取りを止めることはできず、情報はFacebookへと送信されます。
 
FacebookはForbesに対し、加速度センサーは手ぶれ検出や、360度写真など、カメラ機能のために使用していると答えました。

心拍数や正確な位置情報が送信される恐れも

また、加速度センサーの情報だけでなく、心拍数の情報もFacebookに送られている可能性があるといいます。
 
さらに、自分が位置情報へのアクセスをFacebookアプリに許可しなくても、自分の周りにいる人が許可していた場合、そこを経由して正確な位置情報がFacebookに送信される恐れがあるとのことです。
 
Facebookは実際、無線通信を使って知らない人同士を結びつける方法に関する特許を申請しています。

Facebook、Instagram、WhatsAppアプリを削除すべき

このような理由から、FacebookアプリをiPhoneから削除すべきだとザック・ドフマン氏は述べています。
 
さらに、InstagramやWhatsAppアプリでも同様に加速度センサーの情報が収集されているため、これらもインストールすべきではないとのことです。
 
一方、iMessage、Telegram、Signal、TikTok、WeChatといった類似のアプリでは加速度センサーは使われていないといいます。

 
 
Source: Forbes via PhoneArena
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる