トップページ > 最新情報 > 米司法省のAppleに対する反トラスト法の調査が加速。訴訟の可能性も
2021年10月26日 09時51分

読了まで 141

米司法省のAppleに対する反トラスト法の調査が加速。訴訟の可能性も

Apple ロゴ


 
米司法省はここ数カ月、Appleに対する反トラスト法(独占禁止法)の調査を加速させており、同社が反トラスト法違反で提訴される可能性が高まっていると米メディアThe Informationが報じています。

訴訟に繋がる可能性

同メディアは調査に詳しい関係筋からの情報として、米司法省Appleとその顧客、及び競合他社に対して、iPhoneの厳格な管理をどのように維持しているかなどについて聞き取りを行うなど、調査の動きが活発化していると伝えています。また夏には、Appleの複数のビジネスパートナーに召喚状が送付されていたとのことです。
 
Appleは2年前から司法省の調査を受けており、今回の調査は、Apple、Google、Facebook、Amazonを対象とした広範囲にわたる調査の一環です。司法省は、Spotify、Match Group、Basecamp、TileなどAppleのApp Storeのポリシーや規制に批判的な企業への聞き取りを行っています。
 
詳しい内容については明らかになっていませんが、今回の調査が訴訟に繋がる可能性が高いと伝えられています。しかし、現時点では調査が継続されているため、同社が提訴されない可能性も残っているとのことです。
 
 
Source:The Information via MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる