Xiaomi、10/28発表の中価格帯スマホが120W急速充電対応と明かす

    Redmi Note 11

    Redmi Note 11
     
    Xiaomiは、ミッドレンジに相当する新型スマートフォン「Redmi Note 11」を、現地時間10月28日午後7時に中国において発表する予定を明らかにしました。
     
    同時に同スマホが中価格帯でありながら120Wの急速充電に対応することを匂わせています。

    発表前のRedmi Note 11のスペックを投稿

    Xiaomiは正式発表を前に、中国のSNS「Weibo」の公式アカウントにティーザーを投稿しました。これらの画像において同社は、Redmi Note 11を10月28日に発表することだけでなく、主要スペックも明かしています。
     
    公開されている動画によると、Redmi Note 11の主なスペックは以下のとおりです。
     

    • アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)ディスプレイ(Redmi Noteシリーズとしては初。これまでは液晶ディスプレイだった)
    • 120W急速充電
    • 4,500mAhバッテリー
    • Wi-Fi6、Bluetooth 5.2対応
    • 3.5ミリイヤホンジャック

     
    Redmi Note 11

    Pro Plusは120Hzリフレッシュレート対応か

    なおXiaomiが公開していない情報としては、Redmi Note 11にはProおよびPro Plusバージョンがあるとのことです。搭載チップはRedmi Note 11はDimensity 810、Note 11 ProはDimensity 920、Note 11 Pro PlusはDimensity 1200Uになる見通しです。
     
    何より興味深いのは、「120W急速充電」という、これまでハイエンドのAndroidスマホしか対応していなかった技術を、ミッドレンジとなるRedmi Note 11が採用しているという点です。
     
    またRedmi Note 11 Pro Plusのディスプレイは、リフレッシュレート120Hz対応との情報もあります。

     
     
    Source:Xiaomi/Weibo via PhoneArena, Notebookcheck
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次