Samsung、タブレットやラップトップ用OLEDを2022年に1,000万枚製造

Samsung Display OLED

Samsung Display OLED
 
韓国メディアET Newsが、Samsung Displayは2022年にタブレットやラップトップ用有機EL(OLED)ディスプレイを1,000万枚製造することを計画していると報じました。

タブレットやラップトップでの採用例が増加

業界関係者は、「Samsung Displayは、今年の中型OLEDディスプレイの出荷台数を500万台と予想していたが、急成長により600万台から650万台に達する見込み」と述べています。
 
Samsung Displayが2022年にタブレットやラップトップ用の10インチ以上のOLEDディスプレイを1,000万枚製造するという計画数は、2021年比で約60%増になります。
 
同社の中型OLEDディスプレイは、タブレットやラップトップでの採用例が増えていることで急増しているとET Newsは伝えています。

iPad Air(第5世代)への搭載が噂されたが

Samsung Displayのタブレット用OLEDディスプレイは、iPad Air(第5世代)に搭載されると噂されましたが、歩留まりが悪く、最終的に搭載は断念されたとアナリストのミンチー・クオ氏が伝えていました。
 
 
Source:ET News
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次