トップページ > 最新情報 > 1Password、非ユーザーとも安全にパスワードを共有できる新機能を発表
2021年10月13日 07時49分

読了まで 29

1Password、非ユーザーとも安全にパスワードを共有できる新機能を発表

1Password


 
人気パスワード管理アプリ「1Password」を提供する1Passwordは、同アプリのアカウントを所持していない人とも安全な方法でログイン情報を共有できる新機能「Password Secure Sharing Tool(Psst!)」を発表しました。

非ユーザーとも安全にログイン情報を共有可能

1Passwordが行った調査によると、多くの従業員は会社の認証情報を再利用しています。そのうちの36%は、メール、チャットアプリ、スプレッドシート、ドキュメント、テキストなどの安全ではない手段で他の従業員や顧客とログイン情報を共有しているとのことです。同社の別の調査では、ほとんどの家族が家族間でパスワードを共有しており、パスワードを書き留めたり、メッセージでやり取りするなど安全ではない方法を使っていることが明らかとなっています。
 
Psst!」では、1Passwordのアカウントを持っていない人でもアクセスできるリンクを生成することで、誰とでもログイン情報を共有することができます。リンクの有効期限は、1時間から30日の間で選択でき、その後は自動的に期限切れとなります。
 
また、リンクを知っている全員とログイン情報を共有するか、特定の人だけと共有するのかを選択することもできます。後者の場合、メールによる本人確認が必要で確認された後にアクセス権が与えられます。
 
1Passwordは、10万社以上の顧客企業を獲得し従業員数を500名に増やすことを発表するとともに、この新機能をリリースしました。同社の最高経営責任者(CEO)であるジェフ・シャイナー氏は、声明の中で次のように述べています。
 

パスワードやその他の認証情報を会社や家族以外の人と共有できる機能は、最も要望の多かった機能の1つです。1Passwordのユーザーだけでなく、全ての人がオンライン上で安全に過ごせるようサポートする「Psst!」を本日発表でき大変嬉しく思っています。顧客企業が10万社を突破したことは、企業がパスワードやその他の機密情報をオンライン上で保護する必要性があると理解していることを明確に示しています。

 

 
 
Source:1Password,CISIONvia Engadget
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる