トップページ > Apple Watch > watchOS8.0.1がApple Watch Series 3向けに公開
2021年10月12日 04時32分

読了まで 145

watchOS8.0.1がApple Watch Series 3向けに公開

apple watch series 3


 
Appleが、watchOS8のバグを修正するためのwatchOS8.0.1を、Apple Watch Series 3ユーザー向けにリリースしました。

バグはApple Watch Series 3のみに影響

現地時間の10月11日にリリースされたwatchOS8.0.1は125MBで、特に新たな機能などは導入されておらず、watchOS8のバグの修正に焦点が当てられているようです。
 
パッチノートには、“一部のApple Watch Series 3ユーザーにとってソフトウェアアップデートの進捗状況が正確に表示されない場合がある”と記されており、加えてwatchOS8のリリースに伴い、“一部のApple Watch Series 3ユーザーでアクセシビリティ設定が利用できない場合がある”とのことで、今回のアップデートはその修正を目的としている、と米メディアAppleInsiderが報じています。
 
Appleは具体的な変更内容などは明らかにしておらず、Apple Watch Series 3に影響するバグであることのみ言及しています。
 
自動アップデートを有効にしているユーザーは、最新バージョンに自動でアップデートされるようになっています。また、iPhoneのWatchアプリからでもソフトウェアアップデートをインストールすることができます。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:Apple
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる