トップページ > 最新情報 > 楽天モバイル、23の道県について10月1日からau回線でのローミングを順次終了
2021年10月4日 12時44分

読了まで 20

楽天モバイル、23の道県について10月1日からau回線でのローミングを順次終了

楽天モバイルが10月1日から23の道県でauのローミングを順次停止する画像


 
第4のキャリアとしてスタートした楽天モバイルは、まだ十分でない基地局数を補うため、auの回線をパートナー回線としてローミングで利用しています。
 
しかしながら、基地局数が十分になった地域からローミングの終了を進めており、10月1日からは新たに23の道県でローミング終了が順次おこなわれることが発表されました。

新たに23の道県でローミングを順次終了

新たにローミング終了が発表されたのは以下の道県です。
 

  • 北海道
  • 青森県
  • 秋田県
  • 福島県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 鳥取県
  • 岡山県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 佐賀県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 沖縄県

 
このうち、茨城県、栃木県、群馬県、富山県、石川県については、2023年3月末にかけて原則切り替え予定とのことです。
 
これで、すでにローミング終了が進められている16都府県とあわせ、47都道府県中39の都道府県でローミング終了が進められることになります。

ローミング費用削減のため早く終了したい楽天モバイル

楽天モバイルはauに対するローミング費用が高いとしており、コスト削減のため、できるだけ早く自社回線に統一できるよう基地局整備を進めています。
 
しかしながら、2021年夏までに自社回線エリアによる人口カバー率を96%以上にする目標については、世界的な半導体不足により2021年以内に後ろ倒しされました。
 
また、2020年度の楽天グループの通期決算においては、楽天モバイルの設備投資が負担となり赤字になったことが発表されています。
 
一方、Rakuten UN-LIMIT VIとMVNOサービスの合計契約数が500万回線を超えたことも発表し、順調に契約数が伸びていることをアピールしています。

 
 
Source: 楽天モバイル
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる