2021年10月1日 05時23分

読了まで 144

USB-Cケーブルを給電ワット数でわかりやすく分類、新ロゴも定義

USB


 
インプリメンターズ・フォーラム(USB-IF)は、現行の「」という名称の定義がある意味あいまいで、消費者の間で混乱を招いている事態を受け、給電ワット数を明示した新たなロゴをしました。

見ただけではわからない、ケーブルの電源供給速度

普通に考えれば、「USB-C」ポートにはすべてのUSB-Cケーブルが使えるはずです。しかし同じようなコネクタに見えても、電源供給速度、データ転送速度などがケーブルごとに異なるため、自分のデバイスに最適なものを探すのが意外と難しいというのが実情です。
 
USB-IFはこうした混乱を減らすため、データ伝送速度と電源供給のワット数を明記したロゴを発表しました。

混乱を減らすための新しいロゴ

概要は以下のとおりです。
 

  • USB-IFは、ケーブルの電源供給能力をワット数で表示する新しい認定USB Type-Cケーブルロゴ( Certified USB Type-C® Cable Logos)を確立、USB Power Delivery(USB PD)3.1で定義されたワット数である60Wもしくは240Wが明確にわかるようにする。
  • 認定USBロゴ・プログラムにおけるブランディング統一のため、認定USB4ロゴも並行して更新する。

 
USB

 
 
Source:USB-IF/Business Wire via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる