トップページ > 最新情報 > Apple Watch Series 7、診断用隠しポートをワイヤレス通信に変更か
2021年9月24日 03時15分

読了まで 151

Apple Watch Series 7、診断用隠しポートをワイヤレス通信に変更か

Apple Watch Series 7 AH 0916


 
米国連邦通信委員会(FCC:Federal Communication Commission)への認証申請情報から、Apple Watch Series 760.5GHzの無線データ転送に対応することが明らかになりました。

60.5GHzの無線データ転送機能搭載

60.5GHzの無線データ転送は、これに対応する磁気ドックにApple Watch Series 7を置くと有効になるようです。
 
apple-watch-series-7-fcc
 
Barclaysのアナリストであるブライアン・カーチス氏とトム・オマリー氏が発見したFCCへの認証申請書類は2021年8月下旬に提出されており、ドックのモデル番号がA2687で、USB-C端子で給電することが記されています。
 
apple-watch-series-7-fcc 2
 
60.5GHzの無線データ転送速度は不明ですが、MacRumorsは、USB 2.0と同程度の480Mbpsが可能かもしれないと推測しています。

隠しポートの代わりに使用か

リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)は、Apple Watch Series 7には診断用端子が搭載されていないので、60.5GHzの無線データ転送がその代わりになると説明しています。
 


 
 
Source:Apple Watch Series 7 FCC Filing/SCRIBD via MacRumors
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる