Apple、新型コロナウイルス感染の積極的な検査を従業員に義務化へ

    Apple Park AppleEvent 2020年11月

    Apple Park AppleEvent 2020年11月
     
    AppleがApple Storeやオフィスで働く従業員全員に対し、定期的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査を義務付けることを開始することが分かりました。

    ストアかオフィス勤務かを問わない

    今回のコロナ感染検査の義務付けは、ワクチン接種の有無、オフィスかApple Storeで勤務しているかを問わず、一律で実施されるとされています。ニュースサイトThe Vergeが報じたところによると、ワクチンを接種した従業員は「不定期の検査」を、未接種の従業員は定期的な検査を受けることとなるそうです。検査の実施は10月から始まる予定です。
     
    Appleはこれまで自宅で利用可能な検査キットを従業員に配布し、使用を奨励していたものの、検査の義務付けまでは行っていませんでした。ただし、デルタ株を始めとした変異株が蔓延していること、8月に検査テストを実施したことなどを踏まえ、義務化に踏み切ったようです。

    現時点でワクチン接種は義務化しておらず

    ただしAppleは、ワクチン接種に関しては他のテック企業と異なり、一部従業員からの反発や、コロナウイルスの感染規模が収束に向かわないことから、これまで2度に渡って予定を延期しています。現時点でオフィスへの復帰は、早くとも2022年1月以降となっています。
     
     
    Source:The Verge,AppleInsider
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次