トップページ > 最新情報 > チップが隠されたLightningケーブルが開発、パスワードを盗むことが可能
2021年9月3日 17時15分

読了まで 150

チップが隠されたLightningケーブルが開発、パスワードを盗むことが可能

omg cable


 
普通のLightningケーブルのように見えて、実は隠しチップが埋め込まれた危ないケーブルだった – そんな“OMG Cable(オーマイゴッドケーブル)”をセキュリティ研究者が開発した、とViceが伝えています。

シンプルなWebアプリからパスワード情報を転送

“OMG Cable”は、通常のLightning – USBケーブルとまったく同じように動作しますが、接続されたMacキーボード、iPad、iPhoneからのキーストロークを記録し、遠くに離れた人物へと情報を転送することができます。
 
ケーブルシステムは、ハッカーが接続可能なWi-Fiスポットを作り、シンプルなWebアプリを使ってキーストロークの記録を行います。
 
また、特定の場所の周囲に仮想的な境界線(ジオフェンス)を設け、その境界線に入ったり出たりすると一定の動作を行うジオフェンシング機能も兼ね揃えており、他のデバイスのペイロードやキーストロークが収集されるのを防ぐことができます。他にも、キーボードのマッピングを変更する機能や、USBデバイスのIDを偽造する機能などがあります。
 

有害なケーブルを見分けるのは困難

ケーブルには小型のチップが埋め込まれており、物理的なサイズは純正ケーブルとまったく同じであるため、有害なケーブルを見分けることは非常に困難であるとされています。
 
omg cable
 
ケーブルは、“MG”として知られるセキュリティ研究者により開発され、サイバーセキュリティ会社Hak5が量産・販売を予定しています。
 
 
Source:Vice via MacRumors
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる