トップページ > 最新情報 > 中国当局、子どものオンラインゲームの許容プレイ時間を週3時間に制限へ
2021年8月31日 05時28分

読了まで 158

中国当局、子どものオンラインゲームの許容プレイ時間を週3時間に制限へ

chinajoy


 
国家新聞出版署(NPPA)は現地時間8月30日、中国の18歳以下の未成年者は週3時間までしかオンラインゲームをプレイすることができなくなる、との通達を出しました。

1日あたり1時間まで、午後8時〜9時の間のみプレイ可能

中国当局の新ルールにより、TencentやNetEaseなどのゲーム企業は打撃を受けるとみられています。
 
国家新聞出版署によれば、18歳以下の子どもはオンラインゲームを1日あたり1時間まで、午後8時〜9時の間のみプレイすることが許されるとのことです。ルールの適用には、平日、祝日などは関係ないようです。同署は、子どもの身体的および精神的な健康な守るためである、と説明しています。
 
新ルールは、子どもにオンラインゲームサービスを提供するゲーム企業に対して適用されます。指定された時間以外のサービス利用を禁止するというものです。ゲーム企業は、本名で登録していないユーザーに対してサービスを提供することも禁じられています。

オンラインゲーム制限は2019年から導入

NPPAは、2019年から中国の子どものオンラインゲームのプレイ時間制限を実施しています。2019年のルール下では、18歳以下の未成年者の許容プレイ時間は1日に1時間半までとなっていました。
 
「中国では今日、1億1,000万人の子どもがビデオゲームをプレイしており、新ルールの適用により、18歳以下の人々のプレイヤー数と、それらの人々がゲームにかける時間とお金は減るだろう」と、Niko Partnersのシニア・アナリストのダニエル・アハマド氏はコメントしています。
 
それでも、過去2年間すでに未成年者に対して制限が設けられていたため、新ルールによる支出の減少が与える影響は限定的である、というのがアハマド氏の見方です。
 
 
Source:CNBC
Photo:Marc van der Chijs/Flickr
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる