トップページ > 最新情報 > 最新iPhoneとApple Watchはペースメーカーに影響する可能性有〜米FDA
2021年8月31日 03時00分

読了まで 227

最新iPhoneとApple Watchはペースメーカーに影響する可能性有〜米FDA

iphone12 apple watch series 6


 
アメリカ食品医薬品局(FDA)の医療機器・放射線保健センター(CDRH)が新たに論文を発表し、iPhone12シリーズとApple Watch Series 6ペースメーカーおよび植え込み型除細動器(ICD)の動作に影響を与える可能性があることが明らかになりました。

iPhone12シリーズとApple Watch Series 6の静磁場を測定

FDAの研究者たちの論文「スマートフォンや腕時計の静磁場測定と植込み型ペースメーカーや植込み型除細動器の磁石モードの作動への適用可能性(Static magnetic field measurements of smart phones and watches and applicability to triggering magnet modes in implantable pacemakers and implantable cardioverter-defibrillators)」が、オープンアクセスジャーナル「Heart Rhythm」に掲載されました。
 
今回の研究では、iPhone12 Pro MaxiPhone12 ProiPhone12 miniiPhone12Apple Watch Series 6静磁場が測定され、ペースメーカーやICDの“マグネットモード”の作動に影響を与え得る値を超えているかどうかの判断が行われました。
 
マグネットモードとは、患者が電磁干渉の可能性がある処置を受けている場合や、治療のために装置を停止する必要がある場合に使用されるように設計されています。しかし、このモードは、強い磁場によって誤って作動してしまう可能性があり、患者に深刻なリスクをもたらす可能性があります。

最低でも15センチ以上デバイスを離すことを奨励

1mT(=10ガウス)以上の静磁界がペースメーカー・ICD 等の本体やリード線に加わった場合に、機能に影響する可能性があるとされていますが、研究によれば、iPhone12シリーズおよびApple Watch Series 6を近くに配置した場合、10ガウスを超える静磁界が測定されたとのことです。
 
様々な異なる距離での静磁界の測定により、最低でもデバイスを6インチ(15.24センチメートル)ペースメーカーから離すことが望ましいことが明らかになりました。
 
従来は、マグネットモードを作動させるのに十分な大きさの磁石が必要でしたが、希土類磁石の小型化により、ヘッドホンやドアロック、スマートフォンのスピーカーなどにも強力な磁界が発生するようになっている、と研究を紹介したInstitution of Mechanical Engineersは注意を喚起しています。
 
 
Source:Heart Rhythm via Institution of Mechanical Engineers, 一般社団法人 電磁環境・電磁波防護製品評価協会
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる