トップページ > 最新情報 > Rakuten UN-LIMIT Ⅵ、大手4キャリア+サブブランドで総合満足度1位に
2021年8月30日 17時20分

読了まで 250

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ、大手4キャリア+サブブランドで総合満足度1位に

楽天モバイル 「Rakuten UN-LIMIT VI」


 
MMD研究所は8月30日、「2021年夏の大手4キャリアの満足度と契約状況調査」の結果を公表しました。大手4キャリアとそのサブブランドの計9サービスのうち、最も満足度が高かったのは楽天モバイルが提供する「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」でした。

調査の対象者、実施期間、集計方法について

「2021年夏の大手4キャリアの満足度と契約状況調査」では、事前に18歳〜69歳の男女40,000人を対象に予備調査が実施され、そのうち大手4キャリアとサブブランドをメインまたはサブで利用する3,672人が本調査に参加しています。
 
調査期間は2021年8月4日〜6日ですが、一部結果については大手新プランの「ahamo」「povo」「LINEMO」「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の加入実態を調べるため、2021年4月〜8月の実態がまとめられています。
 
また調査では、回収されたサンプルを人口構成比、最小値のサービスのサンプル数に合わせるため、ウェイトバック集計がされています。

大手4キャリア+サブブランドの総合満足度1位は「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」

大手4キャリアとそのサブブランドを利用している1,800人(全9サービス、各200人)を対象に、利用しているサービスの満足度を聞いたところ、総合満足度が最も高かったのは楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」でした。
 
部門別では、料金部門とサービス部門が「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」、通信品質部門は「docomo」、顧客サポート部門は「UQ mobile」と「LINEMO」がそれぞれトップとなっています。
 
大手4キャリア+サブブランドの総合満足度1位は「akuten UN-LIMIT Ⅵ」-1
大手4キャリア+サブブランドの総合満足度1位は「akuten UN-LIMIT Ⅵ」-2
 
なお、各部門で聞いた項目は以下の通りです。
 

  • 料金部門:月額料金の安さ、料金プランの分かりやすさ、オプションプランのお得さ
  • サービス部門:提供端末の豊富さ、料金プランの豊富さ、オプションプランの豊富さ
  • 通信品質部門:データ通信速度、データ通信の繋がりやすさ、通信時のセキュリティの信頼性
  • 顧客サポート部門:サービスに関する情報の豊富さ、契約・解約の手続きのしやすさ、カスタマーサポート対応の良さ

家族や友人に勧めたいサービス1位は「povo」

大手4キャリアとそのサブブランドを利用している1,800人に、利用しているサービスを家族や友人におすすめしたいかどうかを10点満点で評価してもらい、顧客推奨度(NPS)を算出したところ、サービス全体では推奨者から批判者を引いたNPSは-28.1でした。内訳は、9〜10点の推奨者が16.8%、7〜8点の中立者が38.2%、0〜6点の批判者が45.0%となっています。
 
サービス別でNPSが最も高かったのは「povo」で、推奨者から批判者を引いたNPSは-13.0でした。内訳は、9〜10点の推奨者が20.7%、7〜8点の中立者が45.7%、0〜6点の批判者が33.7%となっています。
 
家族や友人に勧めたいサービス1位は「povo」

春から夏の契約シェア1位は「ahamo」

18歳〜69歳の男女40,000人を対象に、メインで利用しているスマートフォンの通信サービスを把握しているかを聞いたところ、89.2%が「把握している」と回答し、そのうち11.6%が「2021年4月〜8月」に契約したと回答しています。
 
メイン利用のスマートフォンを2021年4月〜8月に契約した4,140人を対象に、契約した通信サービスを聞いたところ、最も多かったのは「ahamo(20.9%)」で、次に「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(17.6%)」、「docomo(11.8%)」と続いています。
 
春から夏の契約シェア1位は「ahamo」
 
 
Source:MMD研究所
(kotobaya)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる