トップページ > 最新情報 > Apple、米国立公園局設立105周年を祝福し特別コンテンツ提供や寄付を実施
2021年8月26日 03時33分

読了まで 150

Apple、米国立公園局設立105周年を祝福し特別コンテンツ提供や寄付を実施

Apple 国立公園


 
Apple米国の国立公園システムを所管する国立公園局(NPS)の設立105周年を祝福し、マップ、App Store、Apple TVなどのサービスで様々な企画を行っています。また、米国内でAppleオンラインストアやApple StoreでApple Payを使って商品を購入すると、取引ごとに10ドルが国立公園財団へと寄付されます。

Appleサービス総出で国立公園をサポート

「年を追うごとに、国立公園の貴重さは増しています」と、Appleの最高経営責任者(CEO)のティム・クック氏は述べています。「より多くの人々が公園を探索し、その歴史を学び、私たちが共有する地球への愛と感謝を新たにするための、ささやかな役割を果たせることを光栄に思っています」
 
Appleマップでは、24のキュレートされた国立公園財団のガイドが取り上げられています。これらのガイドには、アメリカの大都市からすぐ近くにある隠れた名所や都市の喧騒から逃れられる刺激的な場所、そしてすべての年齢層の子供たちが探検し、学び、成長できる公園など、国立公園局が保護する400以上のスポットが含まれています。
 
Apple 国立公園
 
Apple Storeでは、NPSの公式アプリが「今日のApp」としてスポットライトが当てられています。
 
Apple 国立公園
 
Apple Musicでは、自然保護にちなんだ特別なプレイリストが公開されています。
 

 
8月28日は、Apple Watchで特別な運動チャレンジに参加することができます
 
Apple 国立公園
 
 
Source:Apple
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる