2021年8月24日 08時52分

読了まで 210

2021年第2四半期のラテンアメリカ地域で一番売れたiPhoneはiPhone11

南アメリカの地図


 
2021年第2四半期(4月~6月)におけるラテンアメリカ地域のスマートフォンの出荷台数は、前年同期比41.8%増と大きく成長しました。
 
が依然としてトップを誇っているものの、XiaomiやOppoといった中国メーカーが徐々に勢力を伸ばしています。iPhoneシリーズのなかではiPhone11が最も売れました。

前年比では回復も前四半期比では減少

調査会社のCounterpointによると、2021年第2四半期におけるラテンアメリカ地域のスマートフォン出荷台数は前年同期比41.8%増になりました。
 
しかしながら、前四半期比では6.5%減となり、半導体不足によって数量の伸びに影響が出たとしています。
 
また、新型コロナウイルスの影響がまだ残っており、そのことがスマートフォンの買い替え率よりも平均販売価格に影響しているとのことです。

最も売れたiPhoneはiPhone11

メーカー別にみると、Samsungがラテンアメリカ地域のスマートフォン出荷台数シェアトップの座を維持しました。
 
2021年第2四半期のラテンアメリカスマートフォン市場のシェアランキング
 
Samsungはベトナムの工場が新型コロナウイルスの影響で停止しましたが、小売店や通信事業者がある程度の在庫を持っていたため、大幅な落ち込みにはならなかったとのことです。
 
ほかのメーカーのなかでは、中国メーカーの台頭が目立ちます
 
Xiaomiは前年同期比で3倍以上の出荷台数を記録しました。特にペルーではSamsungを抜いてトップシェアとなり、コロンビアでもSamsungに肉薄しました。
 
ラテンアメリカ各国の2021年第2四半期におけるシェアランキング
 
また、Oppoはここ1年ほどの間にこの地域に参入した中国ブランドのなかではもっとも成功しており、そのの90%がメキシコに集中しています。
 
ZTEもシェアが前年の3.2%から4.4%に大きく伸びています。
 
は前四半期に比べると販売台数が減少しましたが、これは新製品のが近づくと販売台数が減少するという例年通りの季節性によるものです。2021年第2四半期にこの地域で最も売れたiPhoneはiPhone11でした。

 
 
Source: Counterpoint
Photo: Pixabay
(ハウザー)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる