トップページ > 最新情報 > 2020年のCMOSイメージセンサー市場はソニーが首位をキープ~今後も成長が続く
2021年8月16日 13時25分

読了まで 27

2020年のCMOSイメージセンサー市場はソニーが首位をキープ~今後も成長が続く

180MPセンサーの画像


 
スマートフォンをはじめ、カメラを搭載したさまざまな製品に使われるCMOSイメージセンサーの市場シェアは、2020年もソニーがトップを維持しました。しかしながら、少しずつ2位のSamsungのシェアが伸びています。CMOSイメージセンサー市場自体は好調であり、今後も成長が見込まれているとのことです。

約2兆2,645億円を記録した2020年のCMOSイメージセンサー市場

半導体市場動向調査会社であるYole Developmentによると、2020年におけるCMOSイメージセンサー市場の売上は207億ドル(約2兆2,645億円)でした。
 
このうち、スマートフォン向けとコンシューマ向け製品で全体の72%を占めています。
 
メーカー別ではソニーが40%のシェアでトップの座を維持しました。
 
2020年のCMOSイメージセンサー市場のシェア
 
ただし、2019年に比べて売上は5%減り、シェアが2%ポイント低下しています。
 
これは、Huaweiに対する米国の制裁により、Huaweiのスマートフォン生産が激減したためだといわれています。
 
その分シェアを伸ばしたのがSamsungで、前年の21%から22%へと増加しました。
 
Samsungの2018年までのシェアは20%以下でしたが、徐々にソニーとの差を縮めています。
 
3位はOmniVisionで、12%のシェアでした。

2026年末には約3兆4,456円規模の市場に

Yole DevelopmentによるとCMOSイメージセンサー市場は今後も好調で、2026年末には315億ドル(約3兆4,456億円)規模の市場に成長するとのことです。
 
ソニーは4月に長崎の新工場を稼働させましたが、さらにスマートフォン用CMOSイメージセンサーのために工場を拡張する予定です。
 
また、2025年には市場シェアを60%に伸ばすとしています。
 
Samsungは”ISOCELL Auto 4AC”という製品で、自動車分野への進出を狙っています。

 
 
Source: Yole Development via The Elec, Gizmochina
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる