トップページ > 最新情報 > Samsung、スマホの可動式カメラの特許を公開~絞り値を可変にして本格撮影可能に?
2021年8月10日 08時26分

読了まで 22

Samsung、スマホの可動式カメラの特許を公開~絞り値を可変にして本格撮影可能に?

Samsung製スマートフォンの画像


 
スマートフォンに搭載されるカメラの画質は年々向上していますが、一眼レフカメラやミラーレスカメラにできてスマートフォンにできないことはまだあります。その代表的なものの1つが絞り値(F値)を変えるという機能です。
 
しかしながら、Samsungの新しく公開された特許を使うと、スマートフォンのカメラにおいて絞り値を可変にすることが可能になります。

スマートフォンのカメラを可動式にして絞り値を可変に

米国特許商標庁(USPTO)において公開された資料によると、このSamsungの特許はスマートフォンに搭載されるカメラモジュールを可動式にするためのものです。
 
Samsungの可動式カメラの特許画像その1
 
3つあるカメラのうち、両端は左右方向に、真ん中のものは上下方向に動きます。
 
そして、各カメラの可動範囲の両端には、開口部の大きさが異なる穴があけてあります。
 
Samsungの可動式カメラの特許画像その2
 
これにより、スマートフォンにおいて異なる2種類の絞り値でのカメラ撮影を可能とします。

低照度環境下での撮影の改善や、ボケ味の変化が可能に

絞り値を可変にすることによるメリットはいろいろあります。
 
たとえば、開口部を大きくして絞り値を小さくすれば、暗い場所での撮影時にノイズを減らすことが可能です。逆に、開口部を小さくして絞り値を大きくすれば、より精細感の強い写真が撮れます
 
また、絞り値を変えるとボケ味が変わるため、より洗練された写真の撮影が可能になるでしょう。
 
ただし、可動部ができることで、故障のリスクは上がると考えられます。
 
Samsungは過去にもGalaxy Note 9やGalaxy S10 Plusでデュアルアパーチャーと呼ばれる可変絞り値のカメラを搭載していました。
 
今回の特許技術がそのまま将来のSamsung製スマートフォンに搭載されるかどうかは不明です。

 
 
Source: USPTO via LetsGoDigital, Android Authority
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる