トップページ > Apple TV > Apple TV + HomePod + カメラ搭載の新製品が2023年頃に発売?
2021年8月8日 23時37分

読了まで 215

Apple TV + HomePod + カメラ搭載の新製品が2023年頃に発売?

HomePod Apple TV 4K


 
Appleが2023年頃に、Apple TVHomePodとFaceTime用カメラを統合したデバイスを発売するかもしれない、とBloombergのマーク・ガーマン記者がニュースレター「Power On」で予測しています。

スティック型のApple TV 4Kを投入の可能性も

初代HomePodが2021年に製造終了し、Apple TVはAmazonやRokuの低価格製品に太刀打ちできていない、とAppleのスマートホーム関連製品の不振をマーク・ガーマン記者は指摘しています。
 
Appleがライバルと戦うために、Apple TVの現行モデルの価格を引き下げるか、AmazonのFire Stick TVのように低価格で4K対応のスティック型製品を投入する可能性がある、とAppleの複数のエンジニアから得た情報をもとに、ガーマン氏は予測しています。
 
しかし、Appleのエンジニアによると、現時点ではAppleにリビングルーム向け機器の明確な戦略がなく、現場にはあまり楽観的な見通しがないため、次世代Apple TVが近いうちに発売される可能性は低いだろう、とのことです。

次世代Apple TVが失敗なら販売終了も?

ガーマン氏は、Apple TV、HomePod、FaceTime用カメラを統合したスマートホームの中核となる製品が2023年頃に発売されるだろう、と予測しています。
 
ただし同氏は、次世代Apple TVによってAppleのリビングルーム機器事業が上向くかは不明だ、と慎重な見方をしています。
 
また、次世代Apple TVがうまくいかない場合、Apple TVは販売終了したiPod HiFiや初代HomePodと同じ道をたどる可能性もある、とも述べています。

tvOS14.5でディスプレイ搭載HomePodを示唆する記述も

2021年3月には、tvOS14.5のベータからFaceTimeとiMessageのフレームワークが発見されており、tvOSをベースにしたHomePodにディスプレイやカメラが搭載されるのではないか、と話題になりました。
 
HomePodシリーズは、2020年秋に発売された低価格モデルHomePod miniの販売が好調と見られますが、現在もアメリカのスマートスピーカー市場でのシェアは低く、存在感を発揮できていません。
 
 
Source:Bloomberg via 9to5Mac
Photo:Apple (1), (2)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる