トップページ > 最新情報 > Appleのティム・クックCEO、2020年の報酬は約290億円
2021年8月5日 07時00分

読了まで 29

Appleのティム・クックCEO、2020年の報酬は約290億円

ティム・クック


 
Bloombergは、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が2020年に得た報酬は約2億6,500万ドル(約290億円)で、全米で8番目に高額の報酬を得たCEOとなったと報じています。

米国CEOの高額報酬ランキング

Bloombergは、各社のCEOの報酬額を独自に算出し、全米ランキングを作成しています。
 
2020年にアメリカで最も高額の報酬を得たCEOは、2019年に引き続きTeslaのイーロン・マスク氏でした。
 
マスク氏の報酬額は、66億ドル(約7,226億円)以上という驚異的な金額となっており、2位に10倍以上の大差をつけました。
 
Appleのティム・クックCEOの報酬は約2億6,500万ドル(約290億円)で2019年の約1億3,300万ドルから2倍近くに増加しています。
 
しかし、他社のCEOの報酬額が大幅に増加した結果、クック氏は2019年の2位から大きく順位を落とし、全米8位になっています。
 
The Wall Street Journalは、ティム・クックCEOの給与やボーナスは時価総額トップ500企業中171位と控えめだと報じていましたが、Bloombergによると2億5,000万ドル(約273億円)相当の株式報酬を得た模様です。

クックCEOは個人での寄付を実施

ティム・クック氏は、頻繁に多額の寄付を行っており、2020年8月には、5億円超相当のApple株式を慈善団体に寄付したことが明らかになっています。
 
また、2019年12月には200万ドル相当、2019年8月には500万ドル近いApple株式を慈善団体に寄付しています。

他のApple役員もランクイン

Deirdre O’Brien Apple
 
Appleからは、ティム・クックCEO以外にも2人の女性役員が高額報酬ランキングに掲載されました。
 
小売・人事担当上級副社長のディアドラ・オブライエン氏が約4,500万ドル(約49億円)で全米の女性役員の中で4位になりました。
 
また、女性役員の5位にはAppleの法務統括責任者を務めるキャサリン・アダムス上級副社長がランクインしています。
 
 
Source:Bloomberg via Appleinsider
Photo:Apple
(seng)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる