トップページ > 最新情報 > Mac Proに追加されたRadeon Pro W6000Xシリーズの仕様が報告
2021年8月4日 13時30分

読了まで 150

Mac Proに追加されたRadeon Pro W6000Xシリーズの仕様が報告

Mac Pro W6000X


 
Tom’s Hardwareが、Mac Proのカスタマイズメニューに追加されたグラフィックスカード、Radeon Pro W6000Xシリーズの仕様を報告しました。

Radeon Pro W5700Xを大きく上回る性能

Mac Proのカスタマイズメニューとしてに新たに用意されたのはRadeon Pro W6900X、W6800X、W6800X Duoで、これらのワークステーション用GPUはAMDの最新アーキテクチャであるRDNA 2を採用し、メモリ構成は最大64GB、「Duo」では128GBとなっています。
 
Radeon Pro W6000Xシリーズの浮動小数点演算をこれまで最高性能であったRadeon Pro W5700Xの18.9TFLOPsと比較すると、最も安価なRadeon Pro W6800Xは32テラフロップス(TFLOPs)と、約2倍の性能を誇ります。
 
Radeon Pro W6800Xは60コアで構成される3,840個のストリームプロセッサ(統合シェーダ)を採用、最高動作周波数は2087MHzでメモリバス幅は256ビットで構成されるとTom’s Hardwareが報告しています。
 
その他、各GPUの仕様は下記の通りです。
 
Radeon Pro W6000 spec

Radeon Pro W6000XシリーズはMac Pro専用品

Tom’s Hardwareによれば、Radeon Pro W6000XシリーズMac Pro専用品であるため、グラフィックスカードはMPXモジュールで提供されます。
 
 
Source:Tom’s Hardware
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる