トップページ > 最新情報 > iPhone13シリーズ用OLEDディスプレイ、LG Displayの受注数増加
2021年7月30日 19時00分

読了まで 141

iPhone13シリーズ用OLEDディスプレイ、LG Displayの受注数増加

iPhone13 AD 0730


 
韓国メディアThe Elecが、LG DisplayのiPhone13シリーズ(iPhone12s、iPhone12Sとの噂もあり)向け有機EL(OLED)ディスプレイの初期出荷数が、iPhone12シリーズの時よりも増加すると報じました。

iPhone13向けOLED供給数が増加

LG Displayは2020年に、iPhone12シリーズ向けにOLEDディスプレイを2,500万枚出荷しました。
 
同社は今年、iPhone13シリーズ向けに3,000万枚を出荷する見通しです。これにより、2021年のLG DisplayのOLEDディスプレイ出荷数は、iPhone13シリーズ向けとiPhone12シリーズ向けとを合わせ、5,000万枚を出荷する見通しです。

一部部材を変更し、消費電力を低減

LG Displayは、iPhone用OLEDディスプレイに用いるキャッピング層(CPL)のサプライヤーを、LG ChemからP&H Techに変更します。
 
P&H Techは高屈折率CPLをLG Displayに供給、同製品は従来のCPLの材料特性を変えて屈折率を高めたもので、消費電力を抑えることに繋がるとThe Elecが説明しています。
 
 
Source:The Elec
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる