トップページ > 最新情報 > Appleの2021年4月〜6月期の売上高、iPhoneは前年同期比50%増
2021年7月28日 06時28分

読了まで 21

Appleの2021年4月〜6月期の売上高、iPhoneは前年同期比50%増

Apple iPhone12 Pro


 
Appleは現地時間7月27日、2021年度第3四半期(2021年4月〜6月)の業績を発表しました。総売上高は814億ドル(約8兆9,988億円)で、前年同期比36%の増加となり、4月〜6月期としての最高記録を更新しました。サービス部門の四半期売上高は、新記録を更新しています。

4月〜6月四半期業績として新記録

Appleが発表した2021年度第3四半期業績は、総売上高が814億ドルで、第3四半期としての新記録を更新する好調なものでした。
 
業績発表でAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、5Gに対応したiPhone12シリーズが世界的に好調だったこと、4月に発売したAirTagなどのアクセサリ類、「テッド・ラッソ」などApple TV+オリジナル作品が多くのエミー賞を受賞したサービス部門がいずれも好調だった、と胸を張りました。

iPhone売上高は前年同期比5割増加

製品カテゴリ別の売上高は、iPhoneが395億7,000万ドル、Macが82億3,500万ドル、iPadが73億6,800万ドル、ウェアラブル、ホーム、アクセサリ類が87億7,500万ドル、サービスが174億8,600万ドルとなりました。
 
前年同期比の売上高の伸び率は、iPhoneが約50%増、Macが約16%増、iPadが約12%増、ウェアラブル等が36%増、サービスが約33%増と、いずれも2桁成長を遂げています。
 
Apple 2021年度第3四半期業績
 
なお、Appleは現在、製品別の販売台数を公表していません。

日本の売上高、前年同期比30%増加

地域別売上高は、北米・中南米が358億7,000万ドル(前年同期比約33%増)、ヨーロッパが189億4,300万ドル(同約34%増)、中華圏が147億6,200万ドル(同約58%増)、日本が64億6,400億ドル(約30%増)、その他アジア太平洋圏が53億9,500万ドル(約28%増)と、いずれも大きく伸びています。
 
Apple 2021年度第3四半期業績
 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる