トップページ > 最新情報 > Apple、“吃音”との入力で酔った顔の絵文字が出る問題を修正
2021年7月25日 18時22分

読了まで 22

Apple、“吃音”との入力で酔った顔の絵文字が出る問題を修正

絵文字


 
iPhoneで“stammering(吃音)”と入力するとWoozy Face(酔っ払った顔)の絵文字が出ると報告されていましたが、Appleは問題の修正を図った、と報じられています。

問題はiOSアップデートで修正か

Appleデバイスで“吃音”と入力した際に酔っ払った顔の絵文字が表示されることについて、STAMMA(英国吃音者協会)はプレスリリースを発表し、「(前略)ジョークとして扱うことは、侮辱することになります」と、最高経営責任者(CEO)のジェーン・パウエル氏はコメントしていました。
 
実際にiPhone Maniaがメッセージアプリで“stammering”と打ってみたところ、確かに酔っ払った顔の絵文字が出てくるのが確認できましたが、問題は無事修正されたことが明らかになりました。
 
STAMMAは、AppleがiOSアップデートで“吃音”と入力した際に酔っ払った顔が出るのを直した、と発表しています。
 


 
問題の修正がiOS14.7の最新バージョンで行われたのか、サーバー側で対処されたのかは定かでありませんが、Appleエコシステムがよりインクルーシブになったのは間違いないと言えそうです。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる