トップページ > 最新情報 > Apple Parkのビジターセンター、400本のガラス柱によるアートを設置予定
2021年7月24日 23時29分

読了まで 145

Apple Parkのビジターセンター、400本のガラス柱によるアートを設置予定

Mirage


 
Apple Parkのビジターセンターに、「Mirage」(蜃気楼)と題したガラス製のアートが設置される予定です。

世界から集めた砂で作った400本のガラス柱で形成

Apple本社社屋、Apple Parkのビジターセンターに隣接したオリーブの木が並ぶエリアに、400本のガラス製円柱を並べたアート作品「Mirage」が2022年に設置される、と建築スタジオZeller & Moyeが発表しました。
 
Mirage
 
「Mirage」のガラス柱は、世界じゅうから集めた砂を使って鋳造されたガラスで作られ、波状の配置が砂漠の砂丘を表現します。
 
Mirage
 
「Mirage」は、自然の景観に溶け込み、蜃気楼のように景色が歪んで見えるのが特徴です。訪問者は「Mirage」の中に自由に立ち入ることができます。
 
Mirage
 
Mirage
 

2017年11月に設置されたビジターセンター

Apple Parkのビジターセンターは2017年11月にオープンし、Apple製品に加えて限定グッズが購入できるApple Store、バリスタのいるカフェ、Apple Parkを眺めることのできる展望台が設置されています。
 
2017年12月にはiPhone Mania編集部員による訪問レポートを公開していますので、ぜひご一読ください。
 
 
Source:Zeller & Moye via 9to5Mac
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる