トップページ > 最新情報 > Microsoft、Windows 10の次期大型アップデート「21H2」を告知
2021年7月16日 13時31分

読了まで 21

Microsoft、Windows 10の次期大型アップデート「21H2」を告知

Windows 10のバージョン21H2の画像


 
2021年後半に次世代WindowsであるWindows 11のリリースを控えるMicrosoftですが、現世代であるWindows 10の大型アップデートも行うようです。Windows 10の次期大型アップデートであるバージョン「21H2」のリリースが予告されました。

生産性とセキュリティに焦点を当てたアップデート

Microsoftは現地時間の7月15日に、Windows 10 バージョン 21H2のリリースを告知しました。
 
主な新機能は以下の3点です。
 

  1. Wi-Fiのセキュリティ機能としてWPA3 H2E規格をサポート
  2. Windows Hello for Businessで簡素化されたパスワード不要のデプロイメントモデルをサポート
  3. Windows Subsystem for Linux(WSL)およびAzure IoT Edge for Linux on Windows(EFLOW)において、機械学習やその他のコンピューティングを多用するワークフローのため、GPUコンピューティングをサポート

 
Microsoftによると、今回のアップデートでは、生産性とセキュリティに焦点を当てているそうです。

インサイダービルドの公開を開始

このWindows 10 バージョン 21H2は、Windows 11と同じく、2021年後半のリリースが予定されています。
 
正式リリースに向けて、Windows Insiders向けに21H2のインサイダービルドの公開が現地時間の7月15日より開始されました。
 
21H2はHome/Proエディションでは18カ月、Enterprise/Educationエディションでは30カ月のサービスが提供され、Long-Term Servicing Channel(LTSC)と呼ばれる5年間のサポートが用意されたバージョンも存在します。

 
 
Source:Microsoft via Wccftech
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる