トップページ > 最新情報 > 「設定」アプリアイコン型の3Dプリント時計を作った強者が登場!
2021年7月8日 18時06分

読了まで 149

「設定」アプリアイコン型の3Dプリント時計を作った強者が登場!

設定アプリ


 
iOSの「設定」アプリのアイコンをもとにして、実際に動く時計を作った人が現れました。

時計の読み方がいまいちわかりにくい?

3Dプリントされた「設定」アプリのアイコン時計を作ったルーカス・ホール氏(@lucasjhall_)によれば、内側の歯車が「時」、外側の歯車が「分」を表しており、それぞれの「負の歯車形状」が「針」の役割を果たしているとのことです。それゆえ、写真の時間は4時10分を指していることを意味します。
 


 
ホール氏は、Amazonで時計の基礎メカニズムを10ドルほどで購入し、3Dプリントされたパーツと組み合わせて「設定」アプリ時計を製作しました。
 
3Dプリントのためのモデルのファイルは、無料で公開されています。
 
設定アプリ
 
 
Source:lucasjhall/PrusaPrinters via Cult of Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる