トップページ > 最新情報 > Samsungの第2四半期営業利益、前年同期比で53%増に
2021年7月7日 16時15分

読了まで 132

Samsungの第2四半期営業利益、前年同期比で53%増に

Samsung ロゴ


 
Samsungは7月7日、2021年第2四半期(4月〜6月)の暫定的な連結決算を発表、営業利益が12兆5,000億ウォン(約1兆2,200億円)で、前年同期と比べ53%増加するとの見通しを明らかにしました。

電子機器向けメモリ需要が好調

Samsungによれば、市場予想平均(11兆ウォン)を上回る、前年同期比53%増もの好調な利益の背景には、パソコンやスマートフォンなど、個人用電子機器向けのメモリ半導体需要の増加および価格の大幅上昇があるとのことです。
 
外部顧客向けに半導体の受託生産を行う米テキサス州オースティン工場も、現在フル稼働状態に復帰しています。同工場は寒波による停電の影響で操業が一時停止となっていました。

詳細は今月中に発表

第2四半期の売上高についてSamsungは、前年同期比19%増の63兆ウォンを見込んでいます。
 
なお決算の詳細は、今月中に発表される見通しです。
 
 
Source:Samsung via SamMobile
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる