トップページ > 最新情報 > 携帯キャリア3社、宮崎県えびの市に共同携帯ショップを開設
2021年7月7日 08時29分

読了まで 150

携帯キャリア3社、宮崎県えびの市に共同携帯ショップを開設

3キャリア ロゴ ソフトバンク ドコモ au


 
ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの携帯キャリア3社と宮崎県えびの市は、同市内に共同で携帯電話臨時ショップを開設すると発表しました。3社が交代制で各種手続き、操作方法などのサポートを実施します。

3社が交代制で手続きやサポートを提供

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの携帯電話臨時ショップはJR吉都線えびの駅に設置され、機種変更、契約変更、新規契約、MNP、操作に関する相談などを受け付けます。
 
サービスは2021年8月10日から開始され、携帯キャリア3社が月あたり平日の連続する2日間ずつ担当し、複数のキャリアが同時に担当することはありません。開設時間は原則として午前10時から午後4時です。
 
例えば、8月10日から9月9日の場合は、8月17日と18日がソフトバンク、19日と20日がau、23日と24日がドコモ、のように分担されます。

全国の過疎地域のモデルケース目指す

えびの市には携帯電話ショップがなく、近隣市のショップまでは自動車で往復1時間以上の移動が必要です。
 
この取り組みについて携帯キャリア3社は、少子高齢化や過疎化により、民間事業者が支えてきた社会的資本が縮小する状況で、日常生活を支える社会的資本である携帯電話の相談窓口を確保する取り組みであり、全国の過疎地域における課題解決のモデルケースを目指す、と説明しています。
 
なお、政府は携帯ショップでマイナンバーカードを申請可能にする方針のように、携帯ショップに身近なデジタル技術の相談窓口としての役割を期待しています。

 
 
Source:ソフトバンク, NTTドコモ, KDDI, えびの市
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる