トップページ > 最新情報 > バイデン政権、アメリカでスマホなどの修理に関する制限を禁止するルールの作成を指示
2021年7月7日 08時34分

読了まで 141

バイデン政権、アメリカでスマホなどの修理に関する制限を禁止するルールの作成を指示

スマートフォンを修理する画像


 
Appleなどのハイテク企業は、スマートフォンなどが壊れた際に修理できる業者に制限を設けています。これに対してアメリカのバイデン政権は米国連邦取引委員会(FTC)に対して、この制限を禁止するためのルールを作るよう指示する見込みだとのことです。

修理業者の制限が家計や環境に悪影響?

現在Appleなどのハイテク企業は、自社の製品が故障した際に修理ができる業者を制限しています。
 
しかしながら、消費者保護団体はこれが修理費用の増加につながっていると指摘しているとのことです。
 
また、環境保護団体は、消費者が修理費用の高さを理由に故障した製品を安易に捨てることで、環境に悪影響を与えるとしています。

バイデン政権がルール作りを指示

これに対してアメリカのバイデン政権は、FTCに対して修理が可能である業者に関する制限を禁止するルールを作るよう指示する見込みです。
 
このルールはEUにおける「Right to Repair(修理する権利)」と呼ばれるルールに似たものになると予想されています。
 
これに対してハイテク企業やメーカーは、不適切な修理や危険な改造によって、アメリカ国民が危険にさらされる可能性があると警告しています。

 
 
Source:Bloomberg via iMore
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる