トップページ > 最新情報 > Apple Watchとセンサー内蔵バンドで運動分析・フィードバックする特許を取得
2021年7月3日 16時00分

読了まで 25

Apple Watchとセンサー内蔵バンドで運動分析・フィードバックする特許を取得

Apple Watch Extreme AH


 
Appleが現地時間2021年6月29日、米国特許商標庁(USPTO)にて、Apple Watchとセンサー内蔵バンドを組み合わせ、運動時のパフォーマンス分析とフィードバックを実現し得る特許を取得しました。

Apple Watchの新しいバンドに関する特許

Appleが今回取得した特許は、新しいセンサーが組み込まれたApple Watchバンドに関するものです。
 
Apple Watch Patent 20210703_1
 
特許には参考例として、ユーザーが運動している際のパフォーマンスを分析しフィードバックすること、表面筋電位(EMG:Electro Myo Graphy)センサーを使った水分補給の検出、Face IDのようなカメラを使った生体認証方法が記されています。
 
下記図表3は、各種センサーがシステムにどのように統合されるかを示したものです。
 
Apple Watch Patent 20210703_2

運動分析を行うセンサー搭載か

特許内に記された新しいApple Watch用バンドに搭載されるセンサーには、手首の動きを検出するものが含まれています。
 
EMGセンサーを含む各種センサーは、バンドの柔らかい部分に搭載されることが図表4Bや4Cで説明されています。
 
図表5は、センサーで測定したデータを用いて、ユーザーの運動分析とそれに対するフィードバックがどのようにおこわなれるかを記したものです。
 
Apple Watch Patent 20210703_4
 
図表7Aおよび7Bでは、Apple Watchのバンドに、汗などの水分検出を行う静電容量センサー(#718)を搭載することが示されています。
 
本特許では、汗などの水分が検出されたら劣化を防ぐためにEMGセンサー(#738)を無効化することが検討されています。
 
Apple Watch Patent 20210703_3

来年発売のエクストリームスポーツモデルが搭載か

Bloombergは2021年6月に、Appleは2022年発売を目指し、Apple Watchのエクストリームスポーツモデルを開発中だと報じていました。
 
 
Source:USPTO via Patently Apple
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる