トップページ > 最新情報 > Samsung、ソニーに対抗すべくスマホカメラ向けイメージセンサー事業を拡大
2021年7月2日 10時31分

読了まで 142

Samsung、ソニーに対抗すべくスマホカメラ向けイメージセンサー事業を拡大

スマートフォン用カメラセンサーの画像


 
Samsungが、スマートフォンのカメラ向けイメージセンサー事業において、同市場でシェア首位のソニーに迫るべく、事業拡大に力を入れているようです。

トップはソニー、Samsungは2位

調査会社Strategy Analyticsによると、2020年のスマホカメラ向けイメージセンサー市場におけるトップはソニーで、46%のシェアを握っています。
 
それに続くのがSamsungで、シェアは29%です。
 
スマートフォン向けカメラセンサーのシェアの画像

イメージセンサー増産、新製品の量産開始

Yeux1122氏によると、Samsungはソニーを追撃すべく、イメージセンサー事業への投資および戦略強化を計画しているようです。
 
昨年末には、2021年中に複数のDRAM製造ラインをイメージセンサー製造ラインへ転換し、増産を図る予定だと報じられました。
 
またイメージセンサー開発を担うSamsungのSystem LSI事業部は今年2月より、50メガピクセルのイメージセンサー「ISOCELL GN2」の量産を開始しています。
 
Samsungはこうした製造施設の拡大や技術開発により、今後5年以内にソニーとの市場シェアの差を10%以内に縮める目標を立てているとのことです。

 
 
Source:yeux1122님의 블로그 via SamMobile
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる