トップページ > 最新情報 > Amazonが週13万点の売れ残りや返品を廃棄して炎上〜MacBookやiPadも
2021年6月22日 09時30分

読了まで 224

Amazonが週13万点の売れ残りや返品を廃棄して炎上〜MacBookやiPadも

Amazon itv news


 
Amazonが、MacBookシリーズ、iPad、ドローン、扇風機、スマートテレビなどの返品された商品を週に「約13万点」も廃棄していることが、英ITV Newsの調査で明らかになりました。同社は強い批判にさらされています。

廃棄される商品の半分は未開封

リチャード・パロット氏の調査によると、Amazonが数百万個の新品・未使用の商品を破棄していることが明らかになりました。これらの商品は、慈善団体や非営利団体に寄付されるのではなく、英国内の廃棄物リサイクル業者に送られているようです。
 
ITV NewsはAmazonの元従業員にインタビューを行い、廃棄される商品の半分は未開封で包装されたままであることを明らかにしました。
 
元従業員は、「全体的に見ると、廃棄品の50%は未開封で、シュリンク包装がされたままです。残りの半分は返品されたもので、良い状態のものです」と語っています。
 
廃棄される商品にはまれに、MacBookシリーズやiPad、Dysonの掃除機が含まれているようです。
 
ITV Newsのサイトで、複数の証拠動画が公開されています。
 

未開封の新型コロナウイルス対策用マスク2万枚を廃棄

「先日には、新型コロナウイルス対策用マスクが2万枚、包装された状態のまま廃棄されたようだ」とITV Newsが報告しています。
 
同メディアの取材に対しAmazonは、「当社は廃棄ゼロという目標に向かって努力しており、売れ残った商品は再販、慈善団体への寄付、リサイクルを優先しています。英国で埋立地に送られる商品はありません」と返答しました。
 
また同社は、「最後の手段として、商品を資源回収に出すこともありますが、これをゼロにするために努力しています」とも述べています。
 
消費者団体は英国政府に対し、この問題を調査するよう求めています。
 
 
Source:ITV News via The Apple Post
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる