トップページ > 最新情報 > ソフトバンク、スマホの「正しい持ち方」を紹介、誤ると小指の変形も
2021年6月20日 23時11分

読了まで 27

ソフトバンク、スマホの「正しい持ち方」を紹介、誤ると小指の変形も

ソフトバンク 持ち方


 
ソフトバンクは6月18日、Webマガジンのソフトバンクニュースにおいて、医師に取材し、スマートフォンの「正しい持ち方」を紹介しました。

スマホの正しい持ち方とは

ソフトバンクが医師の富永氏の監修を受けて公開した記事によると、スマートフォンの正しい持ち方は、スマホの重量を分散することができる持ち方となっています。
 
具体的には、両手で持ち、両手を使ってスマホを操作することが、一番手首に負担がかからない方法だと紹介しました。
 
ソフトバンク 持ち方1
 
また、片手で操作してしまう場合は、手のひら全体でスマートフォンを保持し、両手を使って操作をすることで、手や指の一部に負担がかかることを避けられるとしています。
 
ソフトバンク 持ち方2

誤った持ち方

一方で、ソフトバンクニュースの記事では、スマートフォンの誤った持ち方にも言及しています。
 
スマホを片手で保持し、小指で支える持ち方は、小指に大きな負担がかかり、痛みや変形が生じる可能性があるとして、注意するよう呼び掛けています。
 
また、横画面でのスマホゲームで遊ぶ場合等、スマートフォンを横向きにして両手で持つ方法は手首の関節をひねることで、手首を痛めてしまう可能性があると言及しています。
 
以下のソフトバンクニュースのページでは、スマートフォンの正しい持ち方に加え、誤った持ち方を続けることにより生じる可能性がある症状や、効果的なマッサージ方法が紹介されています。
 

 


 
なお、iPhone Maniaでは、小指を添えなくてもiPhoneを安定して持てる「MagSafe ポップグリップ」のレビュー記事を掲載しています。
 
 
Source:ソフトバンクニュース
(seng)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる