トップページ > iPhone > 2021年第1四半期の5Gスマホ出荷台数はAppleが首位もシェアを落とす
2021年6月17日 11時20分

読了まで 157

2021年第1四半期の5Gスマホ出荷台数はAppleが首位もシェアを落とす

iPhone12 Pro Maxの画像


 
2021年第1四半期(1月~3月)の5G通信対応スマートフォンの出荷台数は前四半期比で6%の成長を見せました。シェアが首位のiPhone12シリーズの出荷台数は前四半期比で-23%となり、他メーカーが追い付いてきています。

Appleの出荷台数が23%減少した2021年第1四半期

調査会社のStrategy Analyticsによると、2021年の5G通信対応スマートフォンの出荷台数は6億2,400万台に達し、2020年の2億6,900万台から大幅に増加すると予想されています。
 
そのなかで、2021年第1四半期の5G通信対応スマートフォンの出荷台数は1億3,570万台と、前四半期から6%増加しました。
 
メーカー別ではAppleが前四半期に引き続きシェア首位を維持しました。
 
2021年第1四半期の5G通信対応スマートフォンの出荷台数とシェア
 
しかしながら、その出荷台数は前四半期比で-23%と落ち込んでいます。
 
その結果、Appleのシェアは40.7%から29.8%に低下しました。
 
Appleは前四半期にホリデーシーズンの贈り物としてiPhone12シリーズが大ヒットしたため、その反動で出荷台数が減少したとみられます。

OPPO、Vivo、Samsung、Xiaomiが急速に接近

一方、OPPO、Vivo、Samsung、Xiaomiが5G通信対応スマートフォンの出荷台数を大きく伸ばし、Appleに急速に接近しています。
 
これらのメーカーの全四半期比の成長率はそれぞれ55%、62%、79%。41%と高く、シェアを大きく伸ばしました。
 
しかしながら、中国メーカーはアメリカ市場ではほとんど存在感がなく、これが収益や利益を伸ばすうえでの足かせとなります。

 
 
Source:Strategy Analytics via AppleInsider
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる