トップページ > 最新情報 > 視覚障がい者向けナビゲーションシステム「あしらせ」の開発開始〜足に振動デバイス装着
2021年6月14日 01時00分

読了まで 140

視覚障がい者向けナビゲーションシステム「あしらせ」の開発開始〜足に振動デバイス装着

ashirase HONDA


 
ホンダが2021年6月11日、新事業創出プログラム「IGNITION(イグニッション)」発のベンチャー企業第1号となる「株式会社Ashirase(あしらせ)」が設立されたと発表しました。同社は、視覚障がい者の歩行をサポートするシューズイン型のナビゲーションシステム「あしらせ」を開発中です。

足につけた振動子により進行方向を案内

あしらせ」のナビゲーションシステムは、靴の中に取り付ける立体型のモーションセンサー付き振動デバイスと、スマートフォンアプリで構成されます。
 
アプリでルート設定を行うと、靴の中に取り付けたデバイスが振動してユーザーに進行方法を通知します。通知は、直進時は足の前方のデバイスが振動する、右左折時はそちら側につけたデバイスが振動するというように、直感的に理解しやすいよう設計されます。
 
ashirase HONDA 2

2022年中の製品化を目指して開発

ホンダはニュースリリースの中で、日本の視覚障がい者数は2007年時点で164万人と推定されており、2030年には200万人近くまで増えると予測されていること、そうしたユーザーがより安全に、気持ちに余裕を持って移動できるナビゲーションをコンセプトに、2022年中の製品化を目指すと説明しています。
 

 
 
Source:ホンダ
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる