トップページ > 最新情報 > Apple、開発者に来年のWWDCを実地で開催すべきかを尋ねる
2021年6月12日 11時02分

読了まで 143

Apple、開発者に来年のWWDCを実地で開催すべきかを尋ねる

WWDC21 Tim


 
Appleは毎年、世界開発者会議(WWDC)の最終日に参加者を対象としたアンケート調査を行っていますが、今年はそのアンケートにおいて、WWDCがオンラインではなく実際に開催された場合、参加したいかどうかを尋ねる項目があったようです。

WWDCは2年連続でオンライン開催

新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりにより、Appleは2020年、2021年と、2年連続でWWDCを完全オンライン開催としました。
 
オープニングの基調講演だけでなく、さまざまな開発者向けセッションが無料で公開されたことに対し、予想以上の好意的な反響が寄せられました。
 
参加人数が限られる対面式に対し、オンラインでは世界中の何百万人もの開発者やユーザーが参加することができます。

一部をデジタルで提供する可能性?

ワクチンの普及によりこれまでの日常生活へと戻りつつあり、Appleも来年のWWDCは再び対面式で開催することを検討していると思われますが、今回のアンケートの反応によっては、一部をデジタルで提供するかも知れません。
 
米メディアMacRumorsによると、今年WWDCのあとに実施されたアンケート調査には「完全オンラインイベントを体験したあとで、対面式の会議に参加することについてどう思いますか?」という項目がありました。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる