トップページ > iOS > iOS15ベータ1のバッテリー動作時間は?iOS14.6と比較テスト
2021年6月11日 01時31分

読了まで 230

iOS15ベータ1のバッテリー動作時間は?iOS14.6と比較テスト

iOS15ベータ1 バッテリーテスト


 
iOS15ベータ1とiOS14.6で、バッテリー動作時間を比較した動画が公開されました。3モデルのiPhoneで、ベンチマークアプリを使ってテストを実施しています。

iOS15開発者向けベータ1でテスト

開発者向けにリリースされたiOS15ベータ1のバッテリー動作時間をテストした動画を公開したのは、先日iOS15ベータ1の動作速度テストも公開しているYouTubeチャンネルのiAppleBytesです。
 
同チャンネルはiOS15ベータ1とiOS14.6正式版のインストールされたiPhone6s、iPhone7、iPhone SE(第2世代)の3モデルの画面の明るさを25%に統一し、ベンチマークテストアプリ「Geekbench 4」でバッテリーテストを実行しています。
 
iOS15ベータ1 バッテリーテスト
 
テストに使ったiPhoneのバッテリー状態は、以下のとおりです。
 

  • iPhone6s:100%
  • iPhone7:100%
  • iPhone SE(第2世代):91%

ベータでは異例のバッテリーテストを実施

同チャンネルは、通常はベータでのバッテリーテストは行わない方針ですが、iOS15ベータ1のバッテリー持続時間が気になり、テストの実施を決めたそうです。
 
OSのインストール後、数日間は内部でデータの最適化処理が行われるためバッテリー消費が増える傾向にあるため、通常のバッテリーテストはインストール後3日〜4日後に実施しますが、今回はインストールしてから約14時間でのテストです。
 
なお、テストに使っているiPhoneはOSのアップグレードとダウングレードを繰り返すため、バッテリー状態はノーマルとは違うものであり、デバイス間の比較ではなく、同じデバイスで、OSのバージョンによる変化を見て欲しいとのことです。

バッテリー動作時間テスト結果

各モデルのテスト結果は以下のとおりです。
 

iOS14.6
動作時間(スコア)
iOS15ベータ1
動作時間(スコア)
iPhone6s 1時間52分 (1,090) 1時間53分(1,130)
iPhone7 3時間28分(2,071) 3時間38分(2,169)
iPhone SE
(第2世代)
3時間42分(2,214) 3時間41分(2,202)

 
iPhone6sでは、iOS14.6からiOS15ベータ1でバッテリー動作時間が1分伸び、iPhone7では両バージョン間で差がなく、iPhone SE(第2世代)では、iOS15ベータ1で1分縮んでいます。
 
iOS15ベータ1 バッテリーテスト
 
この結果についてiAppleBytesは、iOS15がまだベータ1であることを考えればバッテリー持続時間はまったく悪くない、と評価しています。
 
テストの動画はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:iAppleBytes/YouTube
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる