トップページ > Apple Watch > iOS15で「Apple Watchでロック解除」が拡張〜Siriに頼むことが可能に
2021年6月9日 15時30分

読了まで 142

iOS15で「Apple Watchでロック解除」が拡張〜Siriに頼むことが可能に

ios14.5


 
今年初めに公開されたiOS14.5では、マスク着用時にFace IDではなくApple Watchを使ってiPhoneのロックを解除できるという新機能が追加されました。iOS15では、Appleはこの機能を拡張し、「Apple Watchでロック解除」がオンになっている場合、Siriに頼むことが可能になっています。

認証なしでSiriを介して各種設定変更などが可能に

Apple Watchでロック解除」により、マスクと一緒にApple Watchを着けていれば、iPhoneを持ち上げて覗き込むだけでロックを解除できるようになりました。
 
iOS15では、この機能がさらに拡張されており、Face IDやパスワード認証を必要とせずに、Siriにも個人的なリクエストが可能になっています。
 

マスクなどの障害物でFace IDが顔を認識できないときに、Apple Watchとの安全な接続を利用して、Siriにリクエストしたり、iPhoneのロックを解除したりすることができます。Apple Watchはパスコードで保護されており、ロックが解除されていて、手首の近くにある必要があります。

 
iOS15は現在はベータ版のみが公開されていますが、今年の秋に正式版がリリースされる予定です。
 
 
Source:AppleInsider, 9to5Mac
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる