トップページ > iPhoneの使い方 > iOS15新機能・変更 > iOS15の「写真」アプリでEXIFデータの表示が可能に
2021年6月8日 18時08分

読了まで 133

iOS15の「写真」アプリでEXIFデータの表示が可能に

exifデータ


 
iOS15の「写真」アプリで、画像に付与される撮影日時や場所などのメタデータである“EXIF”データが表示可能となることがわかりました。

キャプションの追加なども可能

iOS15の「写真」アプリには、新たな“情報”ボタンが追加されており、写真を撮影した際の詳細がわかるようになっています。
 
これまで、EXIFデータを直接「写真」アプリで閲覧する方法はなく、サードパーティーアプリやショートカット、もしくは異なるデバイスへの取り込みが必要でした。
 
「写真」アプリのEXIFデータのインターフェースで、キャプションを追加したり、どこで写真が撮られたかを見たり、撮影日時の変更することも可能です。
 
また、一部の写真には、情報ボタンの横に輝きマークがありますが、これは「調べる」モードで見られる情報があることを意味します。例えば、花の写真の場合、「写真」アプリはウェブ上の他の花の画像と比較して、花の種類を特定できる可能性を提供します。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる