2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple Musicが空間オーディオ対応、iOS15でAirPodsに新機能

    WWDC21 AirPods

    WWDC21 AirPods
     
    Appleは、世界開発者会議(WWDC21)で、iOS15ではAirPodsをAirTagのように探すことが可能になると発表しました。Apple Musicの「空間オーディオ」は、対応楽曲で本日から利用可能になります。

    AirPodsの新機能も多数追加

    Appleは、現地時間6月7日に開幕したWWDC21において、iOS15では、完全ワイヤレスイヤホンのAirPodsがより使いやすく進化すると発表しました。
     
    WWDC21 AirPods
     

    会話を強調

    WWDC21 AirPods
     
    AirPodsを装着した状態で、周囲の声をビームフォーミングマイクで検知し、目の前で話している人の声を強調し、周囲の雑音を抑制することで、会話を聞き取りやすく調整します。
     

    Siriで通知読み上げ

    従来のメッセージに加えて、AirPods装着中に重要な通知をSiriが読み上げてくれます。重要度の低い通知は読み上げないように設定することも可能です。
     
    HomeKitのドアホンと連携して、AirPodsで通知を受けることもできます。

     

    「探す」に対応

    WWDC21 AirPods
     
    AirPodsの場所をアラーム音で知らせるのに加え、紛失防止タグAirTagと同様に「探す」アプリからマップで探すことが可能になります。
     
    WWDC21 AirPods
     
    AirPodsを紛失しないよう、AirPodsから離れたら通知を受け取ることも可能になります。

     

    空間オーディオが利用可能に

    先日予告されていたとおり、Apple Musicの対応楽曲で「空間オーディオ」が本日から利用可能になり、AirPods Pro、AirPods Maxで聴くことができます。
     
    WWDC21 AirPods
     
    また、tvOSやM1搭載Macも「空間オーディオ」を利用可能です。
     
     
    Source:Apple
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次