トップページ > 最新情報 > 新しいSiri Remoteの分解動画が公開〜バッテリー交換は自力ではほぼ不可能?
2021年5月27日 16時47分

読了まで 143

新しいSiri Remoteの分解動画が公開〜バッテリー交換は自力ではほぼ不可能?

siri remote


 
第2世代Apple TV 4Kに付属する新しいSiri Remote分解動画がiFixitにより公開されました。一見バッテリー交換が簡単に行えそうに見えますが、特殊なツールとかなりの工程を要するため、自力では不可能との意見もあります。

リモコン底の2つのネジを外しても何も起こらない

Appleデバイスの分解で知られるiFixitが新しいSiri Remote分解を試みました。
 
リモコン下部には2つのネジがあり、それらを取り外すとすぐにバッテリーにアクセスできるのではないかと幻想を抱くユーザーは多いかもしれませんが、その後かなりの工程を踏まない限り実際にバッテリーに到達することはできないことが明らかになりました。
 
siri remote
 
ネジを外した後、クリックパッドとすべてのボタンを特殊な道具を使って取り外し、複数の小さなネジとパーツを取り出し、アルミニウムのケースから中身を引き出します。そしてロジックボードのネジを取り外すと、ようやく1.52Whのバッテリーが顔を出します
 
siri remote
 
siri remote
 
siri remote
 
siri remote
 
siri remote
DIYでバッテリー交換が可能かどうかが重要になってきますが、ケーブルがLightningポートにはんだ付けされていることもあり、かなり困難とみられています。
 

 
 
Source:The Verge
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる