トップページ > 最新情報 > GoogleとSamsung、スマートウォッチの共同プラットフォームを発表
2021年5月19日 14時59分

読了まで 136

GoogleとSamsung、スマートウォッチの共同プラットフォームを発表

google samsung


 
GoogleSamsungは長年にわたって協力関係を築いてきましたが、両社はスマートウォッチプラットフォーム「Wear」と「Tizen」の長所を活かし、統一されたプラットフォームを新たに打ち出しました。

アプリ起動が高速化、バッテリー駆動時間も改善

GoogleSamsungスマートウォッチプラットフォームを統一することにより、アプリ起動が30%高速化し、スムーズなユーザーインターフェースのアニメーションとモーションを実現しました。また、低消費電力のハードウェアコアを活用することで、より長いバッテリー駆動時間にもつながっています。
 
統一されたスマートウォッチプラットフォームで、開発者はウォッチ用のアプリを簡単に作ることができます。また、プラットフォーム上にカスタマイズされたユーザー体験を追加することも可能です。
 
Samsungは、「今後数カ月の間に、そして将来にわたって、ユーザーの皆様に新しくパワフルで洗練されたスマートウォッチ体験をお届けできることを楽しみにしています」とプレスリリースでコメントしています。
 
 
Source:Google, Samsung
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる