トップページ > 最新情報 > Apple Watchが機械学習によるジェスチャー認識に対応する?新たな特許取得
2021年5月15日 23時00分

読了まで 148

Apple Watchが機械学習によるジェスチャー認識に対応する?新たな特許取得

Apple Watch Series 7 concept


 
Appleが現地時間2021年5月13日、米国特許商標庁(USPTO)にて、Apple Watchで機械学習(ML)を使ったジェスチャー認識・操作を可能にする特許を取得しました。

複数のセンサーからの入力をMLで処理

Appleが今回取得した特許は、Apple Watchに複数のセンサーを搭載し、MLベースでジェスチャーを認識、それに対応する動作が行われるようにするものです。
 
Apple Watch ML gesture_1
 
搭載するセンサーには、脈波検出センサー、モーションセンサー、光学センサー、音響センサーなどが想定されており、それぞれが単独もしくは連携して、ユーザーのジェスチャー動作を認識します。
 
センサーからの入力信号はMLにかけられた後に、Apple Watchで指定された動作が行われます。

センサー入力とML処理フローを説明した画像

下記図表3には、ジェスチャー検出機構が、左側に記載されたセンサーからの入力を中央のMLモデルで処理し、右側のジェスチャー操作として出力する様子が記載されています。
 
図表4Aにはセンサー配置例、4Bにはセンサー入力信号例が記載されています。
 
Apple Watch ML gesture_2
 
Appleが今回取得した特許は、研究開発目的で行われたものであり実製品に搭載されるか、搭載されるとしてもいつになるかは不明です。
 
Apple Watchがジェスチャー操作に対応すれば、手が汚れている場合の操作に有益そうです。
 
 
Source:USPTO via Patently Apple
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる