Apple、App Storeにおける規約違反アプリ削除などの実績数を公表 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、App Storeにおける規約違反アプリ削除などの実績数を公表
2021年5月12日 13時14分

読了まで 245

Apple、App Storeにおける規約違反アプリ削除などの実績数を公表

Apple App Store 不正防止


 
Appleは5月11日付けで、App Storeにおける不正防止の取り組みについて発表しました。ユーザーの個人情報保護やセキュリティの確保のため、App Storeのアプリ審査における取り組みが紹介されています。

悪質な違反アプリだけで48,000本を削除

Appleの運営するApp Storeでは180万本以上のアプリが公開されており、公開やアップデートの前に厳しい審査が行われていることで知られますが、Appleは2020年のアプリ削除数などの具体的な数字を公表しました。
 
2020年だけで、18万組の新規デベロッパがApp Storeでアプリを発表しています。ただし、新規アプリのうち約100万本は動作が不完全などの理由で却下され、アプリのアップデートも約100万本が却下または削除されているそうです。
 
また、隠された機能や文書化されていない機能がある、といった悪質な違反が認められたアプリ48,000本以上の登録が却下、ユーザーの連絡先に勝手に宣伝メールなどを送りつけるスパムや、既存アプリの内容と同じ盗作アプリなど15万本以上の登録を却下したそうです。
 
なお、AppleとEpicの訴訟で提出された資料でも、App Storeの審査における却下件数が公表されています。
 
Apple App Store 不正防止
 

不正な動作をするアプリはユーザーも通報可能

App Storeのガイドラインをかわして、アプリの評価後に動作を変更して犯罪行為を実行しているアプリは、発見されるとただちにApp Storeから削除され、デベロッパのアカウント永久停止などの措置がとられます。2020年だけで、95,000本のアプリがこうした不正行為を理由に削除されているそうです。
 
機能と無関係なユーザーデータを収集するアプリも、ユーザーのプライバシー侵害につながるとして、2020年に215,000本以上が承認を却下されています。
 
また、Appleは、問題のあるアプリについてはユーザーがApp Storeから報告したり、Appleのサポートに連絡することもできると案内しています。

不正なレビューを削除、検証ツールも導入

App Storeでユーザーからの評価が記載されるレビューは、機械学習、人工知能に加えて人力による確認を行い、2020年以降に処理された10億件以上の評価と1億件以上のレビューのうち、2億5,000万件以上について中立的な基準を満たさないとして削除されています。
 
Appleは、「評価とレビュー」を行っているアカウントが真正なものかを検証するツールを導入し、投稿されたレビューに詐欺の兆候がないかを分析しているとのことです。

不正デベロッパ、不正ユーザーのアカウントを削除

Appleは、不正を目的としたデベロッパの排除にも取り組んでおり、2020年だけで47万人分のデベロッパアカウントを削除、20万5,000件分を詐欺の疑いで登録拒否しているそうです。
 
また、不正利用の疑いがあるユーザーアカウントも非アクティブ化されており、2020年だけで2億4,400万アカウントが非アクティブ化されています。

盗難カードによる被害1,630億円以上を防止

Appleは、App Storeで盗まれたクレジットカード情報の悪用防止にも取り組んでおり、2020年だけで300万枚以上のカードが悪用されるのを阻止し、15億ドル(約1,630億円)以上の不正な取引からユーザーを保護したことになる、と説明しています。
 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる